タイヤ

タイヤのひび割れ放置は危険!ひびが発生する原因とは

タイヤにひび割れが入っていないかチェックしよう

車の性能を見るために、多くの人はエンジンの性能をメインとして見ますが、実のところタイヤというのもとても大事な要素です。
車が地面に接していて、動力を伝えるのは唯一タイヤですので、タイヤの質や状態が悪ければ、エンジンがいくら良くても無駄になってしまうからです。
また、タイヤの状態が悪くなっていると、思わぬ事故、しかも大きな事故に発展することもありますので、しっかりとタイヤをチェックして安全かどうかを見るようにしましょう。

タイヤはゴム製ですので、扱い方や年数、状況によって状態が悪化してきます。
一つの目安としては、タイヤの脇や溝などにひび割れが入っていないかどうかということです。
ひどいのになると、遠目からもはっきりと分かるくらいひび割れが入っていることがあります。

こうなると、スピードを出して走っている時や、ガタガタ道を走っている時などに、急にバーストしてしまうことがあるでしょう。
そこまで行かなくても、パンクが起こりやすくなりますし、徐々に空気が漏れてしまう原因ともなります。
こうしたバーストなどのトラブルは、交通事故を引き起こすこともありますので、絶対避けたいところです。

ひび割れが入る原因と対処法

タイヤのひび割れは、ほとんどの場合で経年劣化によって起こります。
特に、温度変化が大きい地域で、あまり使わずに置いておくと、劣化が早く進むこともあるでしょう。
そのため、年数の経ったタイヤというのは要注意です。

他にも、タイヤを洗う時の洗剤や、見た目を良くするためのワックスなどもタイヤの寿命を縮める原因となりえます。
こうした化学物質がゴムに影響を与えて、ゴムを硬化させてしまったり、質を落としてしまったりするのです。
そのため、タイヤもきれいにしたいという気持ちは分かりますが、タイヤのひび割れを防ぐという観点からは、できるだけ水だけで洗い、汚れがひどい時は中性洗剤だけをかけて洗うようにしましょう。

また、空気圧不足もタイヤにひび割れを起こす原因となります。
空気が少ないと、タイヤがたわんでしまいますので、その分脇にひび割れが入りやすくなるのです。
そのため、月に一回くらいは空気圧をチェックして、適正圧を保つようにしましょう。

もう一つの原因は紫外線による影響です。
紫外線の力はかなり強く、ゴムの劣化を急激に進めます。
そのため、日の当たるところに長期間車を放置しないようにすることや、カバーを購入してタイヤまで全体を覆うようにして保管することが必要となります。

ちょっとした配慮をすることでひび割れは防げますが、もしひび割れがすでに発生しているようなら、プロに見てもらった方が良いでしょう。
もし交換が必要だと判断された場合は、事故につながらないうちに早めに交換した方が安心です。

Related Page