洗車用のパウダー

車の洗車の適度な頻度とは?

洗車をすることの意味と重要性

車のメンテナンスの中でも、洗車は最も基本的なことですし、誰にでもできることです。
洗車は主に愛車をきれいに保つためという目的がありますが、実のところ、単に外観のためだけでなく、車を良い状態に保つためにも必要なことです。
愛車をいつまでも良い状態に保つために、また長く維持するためには、オーナーのちょっとした配慮と日ごろのケアがとても大事ですが、その中でもこの洗車というのはとても重要なポイントとなります。

定期的に洗車をしないと、ほこりや塩分、水分などが固着してしまって、ボディーや下回りなどに錆をもたらし、腐食を進めてしまうことになるでしょう。
また、ワックスをかけずにおくと、塗装が紫外線や雨などによって落ちてしまうこともあり寿命を縮めてしまう原因となることもあります。
そのため、洗車によって腐食の原因となるものを取り除き、表面を保護するワックスを塗るというのは、愛車を良い状態に保つために非常に重要なことなのです。

一方で、あまりにも頻繁に洗車をすると、ボディーを傷つけてしまうことになりかねません。
というのも、スポンジやタオルなどを使って洗車をすると、どうしても細かな傷がボディーに入ってしまい、あまりにやり過ぎると無駄な傷をつけてしまうのです。
そのため、一月に一回から二回程度洗車するというのが、適度な頻度だと言えるでしょう。

丁寧に洗車することを心がける

前述の通り、洗車は愛車をきれいに保つために必要ですが、同時に細かな傷をつけてしまう可能性もありますので注意が必要です。
特にスポンジとタオルのそのままの使用がその原因となりますので、使う前にはタオルなどに砂が付着していないかなどをしっかりと確認してください。
また、ボディーに付いている砂をスポンジで巻き込んで、それでゴシゴシして傷をつけてしまうということもありますので、事前にしっかりと車全体を水で流してから、できれば高圧洗浄の機械を使って洗うということも心がけましょう。

Related Page