バックライト

バックランプ(後退灯)の役割について解説

周りの車にバックしていることを知らせるためのバックランプ(後退灯)

バックランプ(後退灯)は、法律で一個か二個着けることが義務付けられている白色のランプです。
車の後ろに着いていて、日本車の場合はたいてい二つ、両端に設けられています。

このバックランプ(後退灯)は、ギアをバックに入れた時に自動的に点灯するようになっていて、周りの車にバックすることを伝えるという役割を果たします。
最近の車はバックモニターが着いているため後方の確認がしやすいとはいえ、どうしても後ろは見づらいので、このような仕方ではっきりと周りに知らせることが重要なのです。

後ろを明るくして視界を確保するという役割もある

このように、バックランプ(後退灯)のメインの役割としては、バックしていることを知らせるというものですが、補助的な役割と言えるものもあります。
それは、後ろを明るくして、視界を確保するというものです。

夜に駐車場にバックで入れる時や、ガレージにバックで入れる時などは、後ろが暗くてよく見えないということがよくあります。
そのような時も、バックランプ(後退灯)は白色ですので明るくて、周りを照らすのに役立ちます。
このライトの見え方を目安に、壁際のどこまで寄せられるかということをチェックできるでしょう。

このように、後ろを照らすという意味でもバックランプ(後退灯)は役に立つので、できるだけ明るくしておきたいと思うものです。
実際に、自分でLEDなどに変えてより明るく見えるようにカスタマイズしている人もいます。

しかし、ここでの注意点としては、法律で照度が決められているという点です。
もし明るくし過ぎると保安検査に引っかかってしまうこともありますので、適度な明るさにしておくようにしましょう。

Related Page