ハイビーム

今流行の「自動ハイビーム機能」を利用する際の注意点

自動ハイビーム機能とは?そのメリットとは?

最近のモデルには、自動ハイビーム機能というものが標準で付いていることが多くなっています。
手動でハイビーム、ロービームと切り替えることも当然できますが、この自動ハイビームモードにしておくと、勝手に切り替えをしてくれますので便利な機能です。

メーカーやモデルによって若干の機能性の違いはありますが、基本的には車の前方部に付いているセンサーを使って、ロービームとハイビームの切り替えを自動でしてくれるというものです。
光の明暗を感知してライトの自動点灯を行い、同時に前方に車が来ているかどうかをセンサーで感知し、対向車が来ていることが分かったら、自動的にハイビームをロービームにしてくれるという仕組みになっています。

自動ハイビーム機能を使うことによって、逐一手で切り替えをしなくて済みますので、運転に集中できるというメリットがあります。
また、切り替えの面倒くささがなくなる分、よりハイビームを使えるようになって、視界の確保がしやすくなるという効果もあるでしょう。

自動ハイビーム機能における注意点とは?

このように、とても便利な自動ハイビーム機能ですが、状況によっては自動切り替えがうまく作動しないことがあります。
車が来ている時はしっかりと切り替えが機能するのですが、相手がバイクや自転車、歩行者だとセンサーが感知せず、ハイビームのままということもあるのです。
バイクや自転車も、向かいの車からハイビームを浴びせられると、まぶしくて運転がしづらくなりますし、下手すると事故につながってしまうことも考えられるでしょう。

そのため、市街地などでは手動モードにするなど、上手な使い分けがカギとなります。

Related Page