駐車場

公共の駐車場でできれば避けたほうがいい駐車スペースまとめ

車を見てドライバーの性格や能力を判断する

愛車をぶつけられたりこすられたりというトラブルが起こりやすい場所として、駐車場が最も多い傾向にあります。
しかも、隣の車をこすってしまったのに、逃げてしまうというケースも多く、迷惑なトラブルが発生しやすいところでもありますので注意が必要です。

駐車時のトラブルを避けるには、避けた方が良い駐車スペースというものがあります。
まず、すでに駐車している車を観察して、そのドライバーの性格や能力を判断してみることが大事です。
他のドライバーの不注意によって愛車に傷をつけられてしまったり、ぶつけられてしまったりすると大きなダメージとなりますので、そのリスクをできるだけ避けることは重要です。

たとえば、バンパーがへこんでいたり、大きなこすり傷がたくさんあったりするようであれば、よくぶつける人であることが分かりますし、傷をそのままにしておく、ちょっといいだらしない人であるかもしれないと推察することができます。
駐車枠の線をはみ出していたり、かなり斜めに駐車していたりする場合も、あまり運転が上手ではないと分かるでしょう。
その状態でもなんとも思わないということは、ちょっといい加減な性格かもしれないと考えられます。

他には、高齢者マークや初心者マークを着けている車というのも注意すべきです。
もちろん、高齢者だから危ないということは決してありませんが、初心者や高齢者は普通ドライバーと比べるとリスクが高くなるのは事実ですので、他に選択肢があるのであれば避けた方が良いということになります。

場所的な注意点

このように他の車を観察してリスクのあるドライバーを避けるという面だけでなく、場所という観点からも注意が必要なケースも見られます。
たとえば、斜面になっているスペースは出し入れの際にぶつけやすくなる傾向にあるものです。
一番奥のスペースは出し入れが大変ですし、一番手前は切り返しが大きくなって、道路への出入りが面倒なこともあるでしょう。

Related Page