ハイビームの使い方

ハイビームはどう使うのが正解なのか?

ハイビームの使い分けとは?

自動車のライトは基本的に二つのモードに分かれています。
一般にロービームとハイビームと呼ばれるもので、これはライトの角度が変わることによって、ライトの照射範囲が変わるというものです。
ロービームの場合は、ライトの向きが下向きになっていますので、いわば足元を照らすことができますが、ハイビームの場合はライトが上向きになりますので、より遠くまで明るく照らせます。

本来法律上は、ハイビームを普段使って遠くまで光を照らすようにして、対向車とすれ違う時にはロービームに切り替えるという決まりになっています。
ハイビームをメインに使うことによって、より視界を広くして運転を快適、安全にするのが目的です。
しかし、ライトが上向きになっているわけですから、ハイビームのままだと対向車はまぶしくなってしまいますので、対向車が見えた時にはロービームに切り替える使い方をします。

ハイビームを使った方がいい場合と避けた方がいい場合

このように、法律上はハイビームをメインに使うということになっていますが、現実的には他の車に迷惑をかけないためにロービームをメインにするのが普通となっています。
特に街中の運転では、ロービームしか使わないというのが一般的です。

しかし、郊外のあまり対向車がいないところ、街灯がそれほど多く設置されていないところなどでは、十分に視界を確保するためにハイビームにした方が良いでしょう。
また、対向車がいないという条件が付きますが、狭い道路でも交差点が多く、自転車や歩行者の飛び出しが多い場所では、角の向こう側にいる人に車が通っているということを認識してもらうためにハイビームを点けることもあります。
夜間の歩行者、ライトを点けずに走っている自転車もしくは自転車の後ろ側などは、ロービームだと発見が遅れてしまうことが多いので、こうした危険がありそうなところは、積極的にハイビームを使った方が良いでしょう。

一方で、ハイビームを避けた方が良いシチュエーションもあります。
まず当然のことですが、他に自動車がいる時です。
これは車だけでなく、バイクや自転車が向こうから走ってくる時でもそうですし、対向車だけでなく同じ車線を走っている車やバイクなどがいる時も同じです。

また、霧がかかっている時、雨が細かく断続的に降っている時などもハイビームは避けた方が良いでしょう。
というのも、霧の幕などに自分のライトの光が反射してしまって、かえって視界が遮られてしまうからです。
こういう状況の時は視界が非常に悪くなるので、ついついハイビームにしてみようという気持ちになりますが、逆効果で危ないこともありますので注意してください。

Related Page