手帳とメガネ

初心者でも分かる!車売却の際の手続きと必要な書類を解説

車を売る際の流れとは?

愛車を売ることに決めたら、まずは買取専門店などに行って、車の査定を出してもらうことから始めましょう。
そして、いろいろなサイトや複数の買取店で査定額をチェックして、ある程度の相場を確認します。
そうして出てきた相場と、お店が提示してくれた査定額を見て、納得のいく金額だと思ったら売却を決める流れです。

売却を決めたら、必要書類を用意して、お店に持ち込んで書類を完成させれば、後は買取店が進めてくれます。
そのため、事前に必要書類を用意しておけば非常にスムーズに売却ができるでしょう。
実質自分ですることは、見積もりを出してもらい、必要書類を用意し、売買契約にサイン、捺印すれば終わりとなります。

車売却に必要な書類とは?

車は一つの資産ですので、売却には書類がいくつも必要となります。
その書類としては、車検証、自賠責保険証書、自動車税納税証明書、実印と印鑑登録証明書、自動車リサイクル券の証明書などです。
この他に委任状も必要となりますが、こちらはお店で準備してくれますので自分では用意しなくても大丈夫です。

高く売るためには?

車を少しでも高く買い取ってもらうためのコツとしては、買取の専門店に買取をしてもらうことが挙げられます。
査定の相場が分かっていますし、車の評価を上げるポイントもしっかりとチェックしてくれますので、より高く買ってくれるからです。
握手

また特殊な車の場合は、そのジャンルを専門に行っている店舗に頼む方が、高く査定してくれる傾向があります。
例えば、外車を売却する際は外車の買取を専門に行っているお店に査定を依頼した方がいいでしょう。

フェラーリやポルシェなどはもちろん、様々な高級外車を買い取ってくれるお店があります。
高級外車買取専門店のエーリストガレージ
この外車買取専門店では、豊富な外車の取り扱い実績があるため手続きもスムーズで、買取が初めての人でも安心して任せることができます。

いろいろな買取店がありますが、買取専門店に行けば高値を付けてくれることも大きなメリットです。
お得に愛車を売れるように、信頼できる買取店に頼んでみてください。

Related Page