大きなトランク

トランク内の荷物を端に寄せないほうがいい理由とは

車の重心というのは運転のしやすさに影響するとても重要な要素

車で荷物を運ぶ時には、その積み方にも気を付けるようにしましょう。
というのも、積み方によって運転のしやすさが変わってくることがあるからです。

レーシングカーにしても飛行機にしても、重心、重さのバランスというのは非常に重要なものとして見られていて、必ず前後左右に均等に荷重がかかっているかをチェックします。
そうしないと、直進性が悪くなったり、ブレーキを踏んだ時のバランスがおかしくなったりしてしまうからです。
同じことは普通に乗っている自動車でも起こりますので、特に重い荷物を積む時にはその位置に気を配りましょう。

最も避けるべきなのは、重い荷物をトランクの後ろの方に、しかも左右のどちらかに寄せて積むという方法です。
まず、車の後ろの方に積むと、よりリアタイヤに荷重がかかってしまいますので、前後のバランスが悪くなりパフォーマンスが低下する原因となります。
また、ブレーキは前後で均等にかかるように設定されているのですが、後ろに重心がかかるとこのバランスも崩れてしまうのです。

さらに、左右のどちらかに寄せると、当然どちらかのタイヤにばかり重心がかかります。
すると、ブレーキをかけた時に均等に力がかからなくなり、ハンドルが取られてしまうこともあります。
また、普通に直進しているとしても、荷重がかかっている方に曲がっていってしまうこともありますし、荷重がかかっている方のカーブがきつくなってしまうことも考えられるでしょう。

重い荷物を積むときの賢い方法とは?

このように、重い荷物を積むときには、後ろ過ぎ、そして左右のどちからに寄せてしまうというのは避けるべき方法となります。
ということは、バランスよく荷物を積むためには、この逆を行くのがベストです。

つまり、できればトランク内には荷物を積まず、前方に移して後部座席に積む、それが無理であればトランクの前の方に詰めるということです。
そして、トランクの端ではなく中央付近にまとめて積むようにしましょう。

カーブを曲がる時などに遠心力で荷物が動いてしまうようだと、荷重が変わって運転が不安定になってしまいます。
そのため、トランクの中央に、動かないようにロープなどで縛って固定するのが一番良い方法です。
特に重い荷物などは、カーブの途中で移動して重心が変わると、ドライバーがはっきりと認識できるくらい不安定になることもありますので注意しましょう。

あまり大したことではないと思っていても、実際にはちょっとした配慮をするだけでも、運転の快適さは変わるものです。
クルマで荷物を運ぶときに気をつけること「まとめ」:GAZOO

重い荷物を積むときには、このような点に注意してトランクに載せるようにしてみましょう。

Related Page