イヤホン

両耳にイヤホンをつけて車を運転するのは違反?

スマホを操作しながらの運転はどうなの?

スマホは片時も離せないアイテムとなっていますので、運転中もどうしても気になってしまいます。
また、ナビを使ったり音楽を聴いたりと、スマホを利用してドライブをより快適にすることもできますので、上手に使いたいとも思うものです。
しかし、スマホの操作によって運転がおろそかになってしまい、事故を引き起こすこともあるために法律で取り締まられていますので、気を付けなければならないポイントもあります。

たとえば道交法では、スマホの画面を注視、つまりじっと見ていたり、手でスマホを持って操作したり、通話したりするのは禁じられています。
当然取り締まりの対象となりますので、罰金を払う必要が出てくるでしょう。

一方で、スマホホルダーにスマホを置くなどして、手で持たずに、ハンズフリーで電話をするというのは問題ないということになっています。
また、手で持って操作をしない限り、音楽を聴いたりナビを使ったりするのも、法律違反となりません。
しかし、問題となりえるのは、イヤホンをして音楽を聴く場合です。

自治体によって異なるイヤホンの使用

たとえ手を使って操作をしていなくても、スマホで再生した音楽をイヤホンを使って聴く場合、自治体によっては条例違反となることがあります。
たとえば、東京都などでは、オーディオでかなりの音量で音楽を聴いていたり、イヤホンを使って聴いていたりした場合、周りの音が聞こえなくなるという理由から、条例で禁止しています。
そのため、取り締まりの対象となることもあるのです。

自治体によってこの取り扱いは異なりますが、イヤホンを使うと周りの音が聞こえなくなるというのは事実です。
それによって安全な運転ができなくなる恐れがありますので、やはり避けた方が良いでしょう。

この問題については、法令違反となるかだけでなく、安全に走行をすることができるのか、ということがより重要なポイントとなります。
自分と搭乗者の安全を守るために、しっかりとマナーを守っていく姿勢が求められるということです。

Related Page